乗りやすくお洒落カゴつき小さな自転車を探していました。

さんざん探しまくって、納得できそうなものを見つけました。
それがコレ

なんとこの自転車、フレームがカゴになっているんです。

組み立てなければならないのですが
途中でミスがなければ20分程度で完成します。

いきなり完成図
写真 2017-06-30 21 20 22


買ったのは「330」なのですが
グレードがひとつ上のものは「330C」です。

330Cだけについている機能
330C_option


330Cのエアサスペンションと52Tホイール(330は40Tで小さ目)が魅力的に見えたのですが
(グリップは330も握りやすいし、サドルも330の方が見た目が好み)
エアサスペンションも重量が増すし、ゴツい道を走ることもないのでいらないかな・・・

だけど通勤に使用する場合、航続距離は結構長いので52Tホイールだけは欲しいということで
330 + 52Tホイールの構成で購入を決意しました。

52Tホイールは別途購入して後ほど換装することにします。
まだ執筆時点で届いていないので、別の記事で紹介しようと思います。

自転車は注文して・・・
なんと翌日に届きましたよ・・・Amazonすごい・・・
こんなカンジで送られてきました。
写真 2017-06-30 20 19 04


開封してみると、なにやら保障についての内容と製品のサイト情報が書かれており。

初期不良の対応期間は7日間
自転車屋さんでの点検を受けると製品保証が1年間
というのが重要らしいです。
組み立てた後、最寄りの自転車屋さんで点検してもらう必要がありそうです。

写真 2017-06-30 20 22 22

写真 2017-06-30 20 22 12


※ あと、防犯登録(500円)を自転車屋さんか派出所で行うのが常識らしいです。(知らなかった。)

組み立てに入ります。
写真 2017-06-30 20 19 59


写真 2017-06-30 20 22 35


写真 2017-06-30 20 35 28


マニュアルとか
写真 2017-06-30 20 35 45

写真 2017-06-30 20 36 59

写真 2017-06-30 20 37 11

写真 2017-06-30 20 37 17

写真 2017-06-30 20 37 29


先ずは前輪をはめる作業
Vブレーキを開いてー
写真 2017-06-30 20 38 10

写真 2017-06-30 20 38 21

前輪のボルトを外し
写真 2017-06-30 20 40 50

写真 2017-06-30 20 41 50

タイヤに書かれている駆動方向を確認し
※ 見えにくいですが矢印が書いてあります。
写真 2017-06-30 20 42 28

取り付け
写真 2017-06-30 20 48 57

その後、ドロよけの取り付け
写真 2017-06-30 20 44 39

写真 2017-06-30 20 44 58

写真 2017-06-30 20 55 19

写真 2017-06-30 20 56 15

Vブレーキを元にもどしー
写真 2017-06-30 21 06 10

ボルトにキャップ
写真 2017-06-30 21 20 44

ハンドルを取り付けー
写真 2017-06-30 21 01 25

写真 2017-06-30 21 04 05

ペダルとサドルを取り付け完成
写真 2017-06-30 21 20 22

こんなカンジで荷物が入りますよ。
前カゴ自転車だと、カゴに重いモノを乗せた場合、ハンドルが取られてしまいますが、この自転車は大丈夫です。
ひったくり防止にも効果がありますよ。
素敵です。
写真 2017-06-30 21 31 46

大切に乗ろうと思います。
防錆剤は「AZ(エーゼット) 長期防錆オイル 50ml L」を購入。
巷に溢れかえる「防錆剤」、その性能は本物? - Deap Peace - Gooブログ
で防錆剤についてものすごく詳しく紹介されていた。

ドッペルギャンガーはメジャーなメーカーのようですね。
オプション品も互換性が高そう。
前カゴとか、後部の荷台とかをリーズナブルなお値段で後付けできます。