カナリ面白いですね。
いろんな真実を浮き彫りにしてくれている良書だなと感じさせられました。
現代社会は「島」と呼ばれる人間の中毒症状を引き起こしている脳内の部位に対して、産業がアプローチしている、、的な内容とか目からウロコです。
あまり活字を読まない私ですが、非常にスンナリと読めました。わかりやすい文章です。

社会情勢のタイムリーな内容が多く、今後、自分がどう動いて(生きて)いけば良いのか?という迷いを解決するヒントがありますね。

「幸せ 」とは何か?、のところが一番心に残りました。
セ〇トニンか、「なるほどね~」となりました。

続編で「作者の特殊能力」が明らかになっていくのでしょうか・・・
次回作も楽しみです。