kyouiku


2人とも小学生にあがり、これから子供たちの未来の為に何かしなければと思う今日この頃です。

会社で経営にほんのり携わらせてもらっているものの、未来の予測ができないでおります。
(まあ、できる人少ないでしょうね)

2020年に小学校でプログラミングが必修教科になるそうですね、、
小学生のプログラミング学習が有用かは計りかねていますが、
押さえておかないとね、、幸い私はエンジニアなのでこの件では一歩有利です。

とゆう事で、学習ツールとして「Scratch」とか流行っているみたいなので、さっそく使ってみました。
バージョンが「2.0」のScratchはWEB上でコーディングできるようです。
(コードを書くというより命令を設定するイメージですね)
Scratch

バージョンが「1.4」のScratchはインストールして使う「ソフト」タイプで上手くやれば「MineCraft」とかと連携して動くようです。

手っ取り早くバージョンが「2.0」のScratchを息子にやらせてみました。
デフォルトで用意されているキャラクターを適当に動かす事は簡単でお薦めです。

子供が変な動きをつけて楽しんでおります。
しかし、やはり子供にモノを教えるという行為は根気がいりますね、、
私にはScratchは物足りなくて教えるのにスグ飽きてしまっています

もうね、コーディングとか開発環境構築とかを速攻でやらせてしまいたくなってきます。
でも子供はキーボードの配置もよくわからないレベルなのでキーパンチからどうにかしなくてはいけませんね。

キーパンチの練習も可能なオモシロい学習システムを作ってー・・・
機能案
・キーパンチの練習
・国語の学習
・数学の学習
・英語の学習
・道徳の学習

子供たちをこのシステムのファンに仕立て上げ、「学習システムのブラッシュアップを子供の手でに委ねたら面白そう」と閃めきました。

道は長そうです。

引き続き妄想しようと思います。